ぺんぎん発信

【要約】「40代にしておきたい17のこと」本田健【悩める40代へ】

40代にしておきたい17のこと 

著者略歴

本田 健
神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、いままでに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。

はじめに

40代にしておきたい17のことについて解説していきます。

40代の可能性は無限大です。20台にはないビジネス経験やスキルや人脈があります。そして50代にはない若さもあります。ビジネスで成功を収めた人の全員が、20代などの若いタイミングで天才的な才能を発揮したわけではないです。地道に経験を積み上げてスキルを磨いて人脈を構築する。その結果、30代後半や40代で花が開いた。このような人は本当にたくさんいます。

実際に起業家が成功し始めるのは、40代からというデータもあります。40代の人には約20年という長い社会人人生が残されています。現在の平均寿命で考えると、40代はようやく人生の折り返し地点です。40代は可能性に満ち溢れています。40代の時間を大切にして残りの人生を謳歌してください。あなたが諦めさえしなければ40代からでも大抵のことは実現可能です。

今回は、40代から人生を輝かしいものにする方法を7個解説していきます。

1.できることとできないことを見極める

10代や20代の人は、自分に不可能はないという圧倒的なパワーで行動ができます。ただし30代になると多くの人がそのパワーを失い始めて40代では何でも出来る派の人が少なくなります。何かをやりたいと思っても、自分にはできないと自分に言い聞かせて挑戦する前から諦めてしまいます。

40台の可能性の扉は、20代の扉ほど大きく開いていないかもしれないです。ただし、正しい方法で努力をすれば、40代からでも必ず最高の人生を送ることが可能です。

そのため40代がやるべき、正しい努力を身につけてください。40代がやるべき正しい努力は次の三つです。

 ① 得意不得意を見直す

 ② 大事なことにフォーカスする

 ③ 他人の評価に振り回されない

得意なことは、他の人に比べてあまり努力することなくうまくできることです。不得意なこととは、あなたが努力してもなかなかできないことです。40代になると不得意なことは潔く切り捨てることが大切です。不得意なことは切り捨てて空き時間を生み出して下さい。そして空いた時間は大事なことに集中投下してください。

自分にとって大事なことが仕事なら、今から全力で仕事をやりきって下さい。大事なことが家族であれば、家族と過ごす時間を大切にして下さい。そしてあなたが大事なことと向き合う時に、周りの評価は無視してください。周りの評価に振り回される人生は絶対にハッピーエンドを迎えられないです。他人の評価を気にしすぎると自分の信じた道を進めなくなります。そしてどうせ自分の人生は報われないと考えてしまいます。

そんなマインドで毎日を過ごしていると、仕事も人間関係もすべていい加減になってうまくいかないです。正しい努力をしている人は、遅かれ早かれ必ず報われるようになっています。40代からやるべき正しい努力は、「得意不得意を見直す」「大事なことにフォーカスする」「他人の評価に振り回されない」この三つを必ず行ってください。

2.時間と健康は資産だと考える

30代まで当たり前だと思っていた「時間」と「健康」が、40台ではだんだん崩れ始めます。職場ではベテランになって役職がつく人が増えます。そうなると、自分の仕事に加えて後輩や部下の面倒を見なければいけないです。親が年を重ねて、介護が必要になる人もいるかもしれないです。介護までいかなくても、仕事を退職する年齢になっている人もいます。そのなると頼る立場から、頼られる立場に親子関係が逆転します。

さらに体が弱るのは親だけではなく、自分自身も同じです。

20代30代ではなんてことなかった体調不良も、完治するまでに時間がかかるようになります。40代以降は、癌・心臓疾患など命に関わる病気のリスクも高まってきます。これまで健康だった人は、体調を崩して入院する時に初めて「健康はずっとあるわけじゃないのか」と気づくと言われます。

普段当たり前にあるものは、どんどん失われその価値を知ります。

どんなにあなたがお金を持っていても、「健康」と「時間」がなければ幸せな人生を送ることはできないです。素敵な家族がいても、「健康」と「時間」がなければ最高の思い出を作ることができないです。「健康」と「時間」っていうのは僕たちの何よりも資産です。

そのため40代では、時間と健康に投資をしてください。健康のために一流のクリニックで定期的に一流のアドバイザーの知恵をもらって下さい。住居環境や仕事のやり方を工夫すれば、「健康」は作れます。家事代行サービスやお掃除ロボットを活用すれば「時間」を作ることもできます。

「時間」と「健康」があれば、お金を生み出すこともできます。お金を蓄えて、不健康な時間貧乏になるのだけは避けてください。

お金を稼いだら「時間」と「健康」に投資できる人になってください。

3.NOという勇気を持つ

人生は何に「YES」と言って何に「NO」と言うかで大きく変わります。

特に嫌なことに「NO」ということが大切です。嫌なことに「NO」というのは子供の頃は自然とできるのに、大人になるにつれて出来なくなる人が多いです。

本当は嫌な事なのに、空気などのプレッシャーからついつい「YES」と言ってしまう。あなたも心当たりはありませんか?「YES」と「NO」をハッキリと言えない人は、自分を変えたい人生を変えたいとどれだけ強く願っても変えることはできないです。

そのため自分の意見を「YES」「NO」ではっきりと伝える意識を強く持ってください。

自分の意見をはっきりと伝えるためには、

 ① 大事なことを明確にする

 ② まあいいかをなくす

この二つが大切です。

まず自分の人生にとって大事なことを明確にしなければ、自分の意見が明確にならないです。自分の人生にとって、家族との時間が大事な人と仕事が大事な人では持つべき意見が違います。家族との時間が大事な人は、必要以上の残業や休日返上での仕事は絶対に「NO」と断るべきです。それに対して仕事が大事な人は、残業や休日返上の仕事も 「YES」 と引き受けて、自己満足感や評価を高めることが大事です。

自分の人生にとって大事なことが何なのか次第で、あなたの持つべき意見は大きく変わります。まずは自分の人生にとって大事なことを明確にしてください。そして自分の意見が明確になったら、「まあいいか」という考えを捨ててください。

誰かにお願い事をされた時に、芽生えがちなこのくらいなら「まあいいか」という自己犠牲の心は、あなたの人生を狂わせます。あなたの人生あなたの時間はそんなに価値のないものですか?自分にとって大事なことが明確になったら、その大事なことを絶対に守ってください。そのために絶対に妥協しないでください。

「まあいいか」は人生を狂わせる恐ろしい考えだと思ってください

4.仕事に熱中する

自分の仕事に誇りを持っていますか?

自分の仕事に毎日ワクワクしていますか?

現代人は人生の大半の時間を仕事に費やしています。仕事をしている時間が幸せだと言える人の人生は、最高に幸せなものになります。

そして仕事の時間が窮屈で苦しいと感じている人の人生は、最高に幸せな人生だとは言い難いものになります。だからこそ、自分の仕事に誇りをもって毎日ワクワクできる人になってください。

自分の仕事に誇りを持って毎日ワクワクできる人はライフワークを大切にしています。ライフワークとはその人が生まれた意味に直結するあり方のことです。

「その人にしかできないこと」「自然にできること」「好きでたまらないこと」「人に喜ばれること」がライフワークです。

例えば「人前で話すこと」「文章を書くこと」「スポーツをすること」「料理を作ること」などあなたが自然と出来る事ってありますか?あなたが好きでたまらないことはありますか?そのライフワークを仕事にすれば、あなたの人生は毎日ワクワクして最高の人生に変わります。

会社員として働いてきた人が、いきなりライフワークを大事にすると言われてもピンとこないかもしれないです。自分の今の会社で、好きなことを仕事になんてできないと思う人もいるかもしれないです。ただしそれでも、あなたが人生を変えたいのであればライフワークを大切にしてください。自分のライフワークで誰かに喜んでもらえることは最高の幸せです。

人生の幸福度は、お金の豊かさで決まるものではないです。人生の幸福度はあなたの心の豊かさで決まります。いやいや仕事をやって手にしたお金で、人は幸せにはなれないです。ぜひライフワークを大切にして仕事に熱中できる人になってください。そして多くの人に喜んでもらえる人になってください。

5.新しいことに挑戦をする

趣味を持っている人は、人生の後半を楽しく過ごすことができます。逆に趣味を持っていない人は、仕事を辞めた後の人生の幸福度が下がってしまいます。仕事に人生を費やしてきた人の老後は、非常に悲しいものです。定年退職して時間があるのにやることがなくて自分の会社を覗きに行ってみる。自分の会社の名刺をボロボロになるまで持ち続けている。こんな人は実は少なくないです。

今のうちから40代で何か一つ仕事以外の熱中できる趣味を見つけてください。趣味を見つける時にオススメなのは、全く新しいことを学ぶことです。今までに経験のないことを学ぶのはワクワクして楽しいです。踏み入れなかった領域の体験は新しい人脈を構築します。40代にもなると、仕事で誰かに新たな何かを教わる経験は多くないです。

ぜひ趣味探しを通して、新たなことを学ぶワクワクと新たな人脈を手にして下さい。

6.絶対に諦めない

人生には3種類あります。

 ① 夢と希望を持って生きる人生

 ② 退屈を感じながら生きる人生

 ③ 絶望と共に生きる人生

この三つです。

「夢と希望を持って生きる人生」を生きる人は、自分の夢は何実現すると考えています。自分がやることはきっとうまくいくと信じています。「退屈を感じながら生きる人生」を生きる人は安全な領域から出ようとしないです。「絶望と共に生きる人生」を生きる人は、過去の色んな経験のせいできっとこれからもうまくいかないだろうと考えています。

40代はこの三つの人生を、今一度選択するタイミングです。自分の人生の決定権は自分にあります。あなたは三つの人生のうちどの人生を選びますか?あなたの50代60代は40代でどんな人生を選択したのかで決まります。

自分の未来と可能性を信じる。そして退屈を感じながら生きる人生。絶望と共に生きる人生。ではなくて夢と希望を持って生きる人生を選択してください。

7.正しいことよりも楽しいことを選択する

幸せな人生を送るにはこの二つが必要です。

 ① 日常の些細な幸せに気づく力

 ② ワクワクすることを推し進める情熱

この二つです。人生は試練の連続で自己成長は最高の幸せだと考えている人は、自己成長につながる試練をどんどん引き寄せます。人生は苦しみの連続だと考えている人は、本当に苦しい出来事をどんどん引き寄せてしまいます。

全く同じ出来事が起きたとしても、その人の考え方次第で出来事の意味は変わります。目の前にある幸せを見出せる人の人生は本当に幸せに満ちた人生になります。大きな富を手にしなくても、今寝る場所があって食事ができることに幸せを感じられる人は、常に心が満たされて毎日が幸せです。

ただし現状に満足するだけだと成長はできないです。だからこそ、目の前の幸せを噛み締めつつもっと楽しいことはないかな?もっとワクワクできることはないかな?とアンテナを張ることも大切です。

目の前の幸せを噛み締めつつ、より多くのアンテナを張れる人の人生は、そうでない人の何倍もワクワクと楽しさに包まれた人生になります。

40代は20代の頃に比べると、会社や家庭での責任感が重くなります。時には「○○すべき」という正しいことと「○○をやりたい」という楽しいことの板挟みにあうかもしれないです。

そして「○○すべき」という考えを作り出している今の自分のポジションに、不幸せな感情を抱くかもしれません。家族の事を考えると、安定のために今の会社で働くべきだ。ただし自分の残りの人生を楽しむためには、ここで一度勝負をかけたい。

「自分に子供がいなければ」「自分が結婚せずに独身だったらよかったのに」このような考えで自分で自分の人生を否定していたらあなたは幸せにはなれないです。

そしてその負の感情は、あなたの周囲に伝染して周囲の人まで不幸にしてしまいます。

そのためあなたが正しいことと楽しいことの板挟みにあったら、必ず楽しいことを選択してください。楽しんでいればあなたの親しい人も必ず楽しんでくれます。あなたが不幸を感じていたら、あなたの親しい人も不幸になってしまいます。是非自分の人生を楽しむことに全力を注いでください。

人生の後半を幸せに過ごせるかどうかは、今日からの生き方にかかっています。

自分の実力・個性を受け入れてください。周りや自分の過去・未来も受け入れて、今を全力で生きてください。それができたら人生に幸せと平穏を乱すことができます。

 

www.penginedu.com